理想の小顔を目指すために美容外科でエラ削りの手術を受けましょう

SITEMAP

理想の小顔を目指すために美容外科でエラ削りの手術を受けましょう

エラ削りで理想の顔の形になれるかもしれません

頬を触る外国人

よく雑誌などで、小顔メイクだったり、小顔に見えるヘアスタイルだったり、いかにして小顔に見せるかというのが特集されるようになりました。でもどうしても、メイクやヘアスタイルではごまかしきれないこともあります。痩せることで小顔が解消されればいいのですが、そもそも骨格的にエラが張っていて悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。エラが張っていると男性的な顔の印象になりがちなので、エラ削りの美容整形をする人も最近では多くなりました。エラ削りは主に美容外科で出来ます。手術方法は様々ありますが、1つは口の中から切開をしてエラを削る方法、もう一つは外側から切開をして骨を削り輪郭を作る方法です。メスを入れるのが顔なので、傷口は目立つのだろうかと心配になるところですが、どちらも後々傷が目立たないような手術になります。時間は2~3時間程度かかります。骨を削るので、もっと時間がかかる大掛かりなものかと予想しがちですが、意外と短時間という印象になるでしょう。ずっとエラが張っていることが悩みの人は、エラ削りの手術を考えるのも1つの手になります。エラが削られることで、小顔効果も期待出来ます。もうメイクやヘアスタイルでごまかさなくてもいいようになるのは素敵なことです。

小顔効果が期待できるエラ削りはどんな手術?

エラが張っていて顔が大きく見えてしまう、化粧でも誤魔化せないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?エラは骨格により形成されているので、ダイエットやマッサージではどうにか変化できるものではありません。しかし、エラ削りの手術を行えば、小顔になれるかもしれません。
エラ削りとは美容整形の一種であり、専用の器具で張り出したエラの骨をなだらかに削ることによって、小顔効果をもたらすものです。手術自体は口の中を切開して行うので、顔周りに傷を残すことなく終えることが出来ます。また、病院によっては、患者の希望のフェイスラインをより正確に確認するために、3Dシミュレーションを用いているところもあるようです。
手術は全身麻酔をした後、だいたい1時間~2時間ほどで行われます。術後は痛みが出たり、口周りや顎周りが腫れることがあるそうですが、2週間ほど程度で落ち着くことが多いようです。ダウンタイム後にむくみが出る人もいるそうですが、個人差はありますが約3カ月~6カ月で収まります。
エラ削りをすると輪郭が全体的にすっきりし小顔に見えるだけでなく、左右の顔のバランスをよく見せるという効果も期待できます。今までエラの張りに悩んできた方は、この機会にぜひ美容外科に足を運んで、エラ削りも視野に入れてみてください。

エラ削りで憧れの小顔になれる可能性があります

女性なら一度は憧れる小顔、しかしエラが張っているから無理だと諦めてはないでしょうか。美容外科でエラ削りをすれば、憧れの小顔になれる可能性があります。
エラ削りはホームベース型の顔の方や、エラがあることで表情がキツく見えやすい方におすすめの治療法です。大きく張り出したエラは相手に男性的な印象を与えてしまうので、エラ削りすることによって女性らしい柔らかい印象に変えることができます。顔の手術なので傷跡を気にされる方もいらっしゃいますが、口の中から切開しエラを削るので顔表面に傷は付きません。ヒアルロン酸の注入などと違って直接骨を削るので、半永久的に効果が持続します。
またプチ整形ではないので多少時間は必要です。例えば術後3日間は腫れや浮腫を抑えるために固定が必須ですし、内出血ができることもあります。さらに1~2週間は硬い食べ物は食べることができないなどの制約もあります。しかし、エラ削りにはそれを乗り越えられる魅力があります。数週間我慢するだけで悩みのタネだった輪郭が整い、印象がガラッと変わります。美容外科に行くのは多少勇気が必要かもしれません。しかしちょっとの勇気で今後の人生が変わるかもしれません。ぜひ一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

CHOICE ARTICLES

UPDATE LIST

TOP