理想の小顔を目指すために美容外科でエラ削りの手術を受けましょう

SITEMAP

理想の小顔を目指すために美容外科でエラ削りの手術を受けましょう

小顔を目指せるエラ削りのダウンタイムはどれくらいかかるのか

待合室の椅子

毎日鏡を見てメイクする時、顔の大きさが気になっていませんか。マッサージしても小顔メイクをしてもなかなか変わらない顔の大きさ、骨格が違うから仕方ないと諦めていませんか。そんな時は美容外科でエラ削りの相談をしてみてはいかがでしょうか。
エラ削りをしたいけど仕事などをしている場合、ダウンタイムが心配という方は少なくありません。骨を直接削る手術なのでダウンタイムは大抵1~2週間は必要です。しかし常に固定しておかなければいけないのは3日間程度で、後は夜寝ている時だけでも可能という場合もあります。痛みも数週間続きますが、痛み止めで対応できるでしょう。
次に重要なのは食事面ですが、1~2週間は柔らかいものしか食べる事ができません。口を大きく開けることも困難になります。しかし何週間も口を大きく開ける事がないと、顎の関節が硬くなって痛みが取れた後も口が開かなくなってしまいます。そのため医師の指導に従って開口訓練を行う必要があります。
このようにダウンタイムには多少の時間がかかります。エラ削りを検討する時は、仕事などなるべく1週間は休めるように調整したほうが無難でしょう。プチ整形と違い、時間もお金もかかります。しかしそれ以上に満足できる結果を得られることでしょう。エラで悩んでいる方はぜひ一度チャレンジしてみてください。

CHOICE ARTICLES

UPDATE LIST

TOP